H1Bで転職

Share on FacebookTweet about this on TwitterPin on PinterestShare on LinkedInShare on Google+Share on RedditShare on TumblrEmail this to someone

J1で1.5年働いて、そのままH1Bを出してもらったんだが、ふたを開けて相当びっくりな状況(IT業界で10年エンジニアとして働いてきた者に大学新卒以下の給料)だったため、転職活動していた。嫌な所から逃げるという感じでなく、自分の評価を再確認したかった。本当にこんな低い評価なのか?と。

結果的には、そんな低い評価は間違いであると言わざるを得ない。なぜならば、採用を頂いた会社は倍以上払ってくれるからだ。1.5年働いても過小評価な会社、3回の面接で適正(もしや過剰?)評価してくれる会社、いやはや何ともな感じである。

 

H1Bの転職は、次の会社がH1Bをサポートしてくれるかどうかが全てである。また、H1Bの期限も重要のようで、次の会社で働いてから3年ではなく、H1B出た年から3年でなので、残り年数が長いほど歓迎される。

新しい会社に採用が決まったら、H1Bのトランスファーが行われる。H1B申請時のように、USCIS にトランスファーの申請して、急ぎなら Premium Process を使って最短で15日で結果がでる。申請が受理された時点で、新しい会社では働けるが、トランスファーが許可されるかどうかは別なので、通常はトランスファーが完了するまで古い会社に在籍し、やめる事も言わない物らしい。ただし、トランスファーが許可されない事はレアケースとの事。

今回は、新しい会社には優秀な移民弁護士がいるようで、念のための調整もしたようだし、万が一トランスファー失敗してもEビザでやってみましょうとまで言われたので、トランスファーが完了してないがUSCISに申請が受理された時点で、新しい会社で働く事にした。給料もそうだが、そこまで言ってもらえるだけでも、十分満足。

 

そんな訳で、デトロイトに引っ越しして、1月2日から新しい仕事を始める事になった。仕事も自分がやりたい内容だったし、職場がほぼ英語の環境になるので、この点でも大満足。今の会社は英語70%と聞いてたのに、実際は99%日本語であったw。

 

J1にしろ、H1にしろ、こういった転職などの事も考えると、初めに来るなら大都市の方が良いだろうと思う。

Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です