アメリカ国内での引っ越し

Share on FacebookTweet about this on TwitterPin on PinterestShare on LinkedInShare on Google+Share on RedditShare on TumblrEmail this to someone

近所での引っ越しは昨年したんだが、今回は、H1Bで新しい会社にトランスファーする事になり、Maryland から Michigan への引っ越し。飛行機では1.5時間のフライと、NY よりも少し遠い。

その距離での引っ越しはどうすればいいのか調べてみたが、普通に宅急便みたいので送るのが無難らしい。引っ越し業者もいるらしいが、中距離を運んでくれる業者をどう探せば良いのか分からんw

 

ということで、それなりに信頼できるUPSでする事にした。USPSは信頼できない、Fedexは高いイメージなので、UPS。

段ボールは車が無いので、Home Depotで通販した。18x18x16 のが1個 $1.17、送料が $6.74。5箱買ったので、合計 $13 くらい 。4日くらいで届いた。

予想よりもデカいと思ったが、色々入れてったら、結局5箱で、段ボールが入ってた段ボールに、売れなかった自転車をバラシて梱包できたw

 

ピックアップを頼もうかとオンラインで入力してたら、なんと31日はUPS Ground(UPSの普通配送)が出来ない。1日も出来ない・・・。仕方なく、予定の1日早めて30日ピックアップにした。荷物を出すのに重さを測る必要があり、急いで体重計を買いに行った。まさかこんな所で必要になるとは・・・せっかくなので体脂肪計付き($29)にした。

配送料は、自転車$52.15、他のが$222.31。ピックアップフィーが$9.15。(自転車はタイミング上、別口になってしまったので、ピックアップフィーは別途かかった)。Michiganまでだと、5日で届くみたい。年越しの影響もあったりするのか?

 

ひとまず、1週間分の着替えをスーツケースに入れ、PCなどの電子機器も携帯し、30日からホテルに滞在、そのまま年越して、1日早朝にMichiganへ。2日から新しい職場で仕事。かなりバタバタだ。当初の予定では20日くらいからって話だったんだけど、新しい会社の都合で前倒しになり、こんなバタバタな状況。

でも、引っ越し代も出してもらえるし、高く評価して貰えてるので、この程度の無理はして当然。むしろ喜んでさせて頂きますという気持ち。

さて、ホテルに移動するか。

Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です