DAW用PC完成

Share on FacebookTweet about this on TwitterPin on PinterestShare on LinkedInShare on Google+Share on RedditShare on TumblrEmail this to someone

こちらに来てからラップトップで、目の前のケーブル類が邪魔だし、拡張性もないし、ライブするわけでもない。個人的にはDAWにはデスクトップが一番だと思う。

 

PCはハード的には消耗品でないが、ソフトの進化に並走できないので、消耗品と考えられる。ということで、コストパフォーマンスが一番重要。有り余る資産があるなら、MACをモデルチェンジ毎に買い替えると思うが、3~4年に、4万程度で中身をごっそり最新にできる自作PC意外に、高コストパフォーマンスを実現できるものはないと思う。

 

とはいえ、今回はモニター、ケースまで買う必要があったので、トータル$800くらいかかった。今回のDAW構成は以下。

・DELL 24インチモニター S2440L
HDMI、D-SUBのみで、DVIなし。フロントはグレアタイプ。日本に居た時は、デュアルモニターだったが、今回は大きい画面でお試し。軽く使った感じでは、19インチ(解像度は横1920)でもいいからデュアルモニターの方がDAWには楽だと思った。

 

・ケース: Antec P100
以前もってた P180よりも若干ちゃちい気がするのは、底部と上部に分かれてないからかな。電源の下にも吸気(フィルター付き)がある。吸音効果は謎だが、パネルの内側にはスポンジが施されている。使い勝手はやはりAntecだと思わせる点が多々。

 

以下は基本的に安くてレビュー良しっていう条件で探した。全部アマゾンで一括購入。値段もNeweggとかと変わらんし、Prime (Netflixから乗り換えた) も入ってるので直ぐ届く。実に便利だ。
・マザボ: Gigabyte GA-970A-D3P

・電源: Corsair CX600
こんなブランドが日本にあったのかは記憶にないが、電源とメモリーは日本とは違うブランドがチラホラある。

・CPU: AMD FX-8320
ついに8コア。ソフトシンセ、プラグイン多様するので、8コアは欲しい。この付属ファンはなかなか五月蠅い。Vcoreを下げたら静かになったがアイドルで40℃超えてるので、換えた方がよい。

・SSD: Kingston SV300S37A 120GB
やっとSSD化。ひとまずCドライブのみで始めて見る。もしかしたら、サンプルデータ入れるために追加するかも?

・HDD: 日本からデータ入れて持ってきたのがあるので、それをDドライブにする。遅さを感じるなら今時の1TBあたりのを買えばいい。

・DVD Drive: Plextor PX-891SAW
Plextorだったので買ったw Plextorが$25程度で買えるなんて・・・きっと中身は昔とは違うんだろうけど。

・メモリ: ADATA AX3U1866W4G10-DR
ひとまず8GBで間に合うと思う。スロットも4つあるので、4GBx2枚で、必要なら追加で買おう。

・VGA: ASUS GT610-SL-1GD3-L
いつもは1万くらいのにするんだが、いつもそこまで必要ないと感じてるので、安くて、ファンレスのにしてみた。数年ぶりのNVIDIAチップ。相変わらずビビッドな色なんだろうか?

 

・その他: UAD1/2
DAWのCPU負荷軽減には、絶大な効果があるDSPボード。日本から UAD1 を2枚持ってきて、こっちでUAD2をキャンペーンで買ったので計3枚。コンプ、EQ、リバーブ、チャンネルストリッパー、リミッターには、これを使って、CPUはソフトシンセ用にとっておく。

UAD2は未登録だったんだが、全部同時にさしてもUAD2がUAのソフト上で認識されず。はじめにUAD2だけ挿して認証まで済ませて、UAD1を挿して認証手続きをする必要があるみたい。また、UAのソフトは v6.1.0 までしかUAD1をサポートしてないので、UAD1+UAD2の環境ならば、最新のを入れてはいけない。

v6.1.0 #sthash.iR7wi6u5.dpufv

 

さて、曲作るか。

 

?

Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です