Hella oontz これは困った

Share on FacebookTweet about this on TwitterPin on PinterestShare on LinkedInShare on Google+Share on RedditShare on TumblrEmail this to someone

ロータリーエンコーダを4つつけたので、実装する機能を色々考えてた。

思いついたのは以下
・BPM コントロール
・テンポの同期
・Swing
・Glitch

BPMコントロールは既にプログラムされてたので直ぐに動いた。表示パネルがないので、BPM同期してCubaseで録音してもBPMがわからない、そこでMIDI Time codeを送ること考えたが、色々調べてみたら、これはテンポというより、現在の再生位置の同期のようだった。

そこで、Artiria Beatstepはどうしてるのかマニュアル読んだら、MIDI Clockを送ってた。そこで、プログラムをしようと色々しらべてたら、MIDI Clock, 再生、停止の信号は、real time sendという信号に分類されるのて、note, sysEx を送信するのとは違うみたいだ。

しかしながら、なんとこのreal time sendは、oontzで使ってるMIDIライブラリーでは未実装。フォーラムでは作者が実装を検討してる事が、今月のレスとして存在していた。

しかし、Leonardo 以外のボードでは、real time sendがあるみたい…そもそも、なんでteensyduino と TeeOnArdu を採用したんだっけ?と読み直してみたら、Leonardoのチップに対応したMIDIライブラリーが、teensyduinoで、それをUSB-MIDIで使えるようにしたのがTeeOnArduと言うことっぽい。なので、純正のMIDIライブラリーに載せ替えるのは無理かも。MIDIの送受信をシリアル化すればいける?

選択肢としては、実装を待つか、自作するか。

ひとまず、保留にして、他の機能の実装について検討してみよう。

 

因みに、Arduino Leonardo はデジタル入力が13個あるものの、1番、2番は、SCL、SDAとつながってるので使えない。知らずに繋げたら期待通りの動きがせず、MIDI Noteが送信されたのでおかしいなーと思ってた。最終的に使えるのは11個。つなり 4個のロータリーエンコーダーをつけてるが、2個のプッシボタンは無しにするか、ツマミを1個無しにするかということになる。

 

そして、エンコーダーの爪は折り曲げないとケースが閉まらないので、収縮チューブも必要となる。これも買わないといけないな。

 

20140823_140213049_iOS 20140823_121419133_iOS

Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です