国際結婚も簡単ではない

Share on FacebookTweet about this on TwitterPin on PinterestShare on LinkedInShare on Google+Share on RedditShare on TumblrEmail this to someone

特に結婚目的で渡米したわけではなかったので、グリーンカードについて調べてるわけもなく、結婚に至ったのだが。ここで問題発生

 

ちなみに、このケースは、日本人男、米国人女子で、日本ではまだ入籍していない、アメリカで異なる州に住んでいる、が前提

 

問題とは、同じ州に住んでないので、偽装結婚が疑われるという事。

知り合いの移民弁護士を通じて紹介して貰った弁護士に相談したら、その状況でのグリーンカード申請はかなり難しい。書類が膨大に必要になるとのこと。過去に別居状態のカップルを申請した事があるが、以前に同居してたカップルだけでの模様。

その為、まずは一緒に住んで、結婚証明を取ってから、グリーンカードがスムーズであるとのこと。

 

つまり、このまま別居しつつ、グリーンカードでたら、転職活動というのは、選択肢から外すしかないだろう。

 

私が移転する事になってるので、移転したら無職確定。Within 90Days でワーキングパーミッションがでるらしいので、それが出たらバイトでもなんでもは言い過ぎだが、とりあえず働ける。しかし、グリーンカードあるといっても、就職が簡単になるわけではない。もちろん、H1Bトランスファーできる企業よりも数は増えるので、確率は高くなる。

 

もしくは、このまま働き続けつつ、H1Bスポンサー企業を探すのもありだが、はっきり言ってDCエリアで探すのは難しい。この1ヶ月で応募できたのは4社である。大卒の人は 50社くらいは普通に応募するというので、このペースだと10ヶ月は必要になる。今の職場は99%日本語なので英語の上達も見込めない。月260時間とか働くので、プライベートで勉強も無理、もしかしたら転職活動も十分にはできない。そもそも、10ヶ月結婚遅らせる意味は何だろうか?H1Bサポート企業の仕事が見つかって、転居したら、グリーンカード申請するのである。なんだろ、この矛盾感というか、徒労感はw もちろんすぐに見つかれば問題ないが、長引くにしろ、どこかに自分達で締め日を設定しないといけないような気もする。というか、そもそも選択肢として意味があるのかと・・・

 

Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です