登山にはダーク チョコレート

Share on FacebookTweet about this on TwitterPin on PinterestShare on LinkedInShare on Google+Share on RedditShare on TumblrEmail this to someone

こっちに来てからは車が無かったので登山(マウンテン ハイキング)に行けてなかったのだが、最近やっと行けるようになった。とはいえ、まだ本格的な山は近くに無いので、近場にある丘陵がかった森のハイキング。

 

日本では、チョコレートのベイクというのを登山に持って行ってたんだが、こちらでは売ってない。(チョコレート ブラウニーのような気もするが)。普通のチョコでは溶けるので、M&M’s を持っていくんだが、外側は砂糖なので溶けないが、内側がデロデロになるし、そもそも色々混ぜ込んだ物なのであまり食べたくないw

 

こちらには暑い山も多いので、何かあるんじゃないかと調べてみたら、どうやらカカオ70%以上のダークチョコレートが27℃くらいまで溶けないようだ。

dark chocolate why should you pack it

勿論、直射日光では溶けるので、寒さ防止で持っていくフリースとか、予備のタオルとかで包んでおくと良いらしい。

Trader Joe's 72% Dark Chocolate

Trader Joe’s 72% Dark Chocolate

 

しかし、少し疑問に思ったのは、カカオが多い分砂糖が減るわけなので、非常食としてはどうなんだろう?無いよりは良いだろうが。

 

 

ついでの話なんだが、緊急電話の110番、119番。オーストラリアや米国では、自分のキャリアが圏外であっても、緊急電話は、接続可能なキャリアを使って通話可能らしい。愛用中の T-mobile(AU、ソフトバンク) だと圏外だが、Verizon (NTT) などの基地局を経由して緊急電話がかけられるって事だよな。日本はどうなんだろう?日本に住んでた時は、ソフトバンク使ってたので、これじゃ遭難したらアウトだなーと思ってたんだが。

Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です