iTunesの代替えソフト

Share on FacebookTweet about this on TwitterPin on PinterestShare on LinkedInShare on Google+Share on RedditShare on TumblrEmail this to someone

iPodを買って以来、Windows上でiTunesを使い続けてたんだが、最近のバージョンになってから枠が見えない。以下の写真はWordPressの編集ページ上にiTunesを置いてるんだが端が見えない。白とグレーに重なると見えなくなる。

iTunes の枠が見えない

 

そんな使い勝手が悪くなり、最近ではiPodを使う機会も無くなったので、他のMp3プレーヤーを探すことにした。

 

MediaMonkey

サイト: mediamonkey.com

無料と有料のがある。有料だとCDに焼く時間が早いとかエンコードが無制限にできるとかのようだ。今時どちらも使わないので無料ので間に合う。

メリット:

・視覚的に使いやすい

・Wimampのプラグインが使える = ASIO出力できる。

・ブラウザー機能がついてるので、Mixcloud とか Soundcloud も再生できる。

 

デメリット:

・うちの環境ではMP3の再生時に一時停止すると、ソフトがハングアップする。デメリットというか欠点、いや欠陥w

 

 

Amarok

サイト: amarok.kde.org

オープンソースのメディアプレーヤーで、UI と使い勝手が 昔の UNIX系アプリを思い出させるので、好みが分かれるところ。Mp3の保存してあるフォルダーをスキャンしたら落ちたので、そのままアンインストールしたw インストールファイルが多く感じたんだが、なんでだろうか?ヴァージョンアップしたら、再度試してみたい。

 

 

Clementine Player

サイト: clementine-player.org

Amarok 1.4 にインスパイアされたクロスプラットフォームという事で、上記 Amarok を履修してはいるものの、見た目は似てない。上記2つは時期バージョン待ちなので、現在はこちらをお試し中。

メリット:

・シンプル

・Soundcloud、Spotify、Last.fm、OndDrive、Dropbox などが再生できる。

・Androidからリモート操作できる(らしい)

・他のOSでも使える

 

デメリット:

・ 自分でインターネット ストリーミング サイトを追加する事はできない。

・ASIOが使えない。

 

 

他にもあるようだが見た目が好きじゃないのもあり、暫くは Clementine で様子見する事にした。

Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です