Atom Editor をアンインストールする

Share on FacebookTweet about this on TwitterPin on PinterestShare on LinkedInShare on Google+Share on RedditShare on TumblrEmail this to someone

ここ数日Atom Editor を試したんだが、どうもしっくりこないな。1番はの問題点は、Surface1 で使ったときのもっさり感。

 

そして、Atom の自分用 Package 作ってたら、設定ミスのせいかブラウザのデベロップモードが解除できなくなり、アンインストール、設定ファイルの削除、再インストールで元に戻った。なんでブラウザのデベロップモードが出てくるんだ?なんでProgram Files にインストールされてないんだ?なんでプロセスが4つも作成されるんだ?と疑問が色々でてきた。

 

今更なんだけど、調べてみたら Atom Editor は、HTML/Javascript/CSS Build のアプリであった。VC++のブラウザーラッパー?を使うという事なので、Windows 版は IE ベースという事になるのかな?。これはこれで後で問題出てくるんじゃないかと思う。C++ の割にはもっさりしてるなーと違和感あったのも納得、Program Files にインストールされず、Users 以下にだけ入れてるのも納得、そもそもC++製ではなかったのだw。

Atom のインストールパス

 

関係ファイルは以下にも作られる。AppDataはアドレスバーから直接打つと移動できる。

 

エディター探しを再開。Sublime Textは、Webだけに特化したわけでは無いし、使い勝手も良いし、C++製で軽いし、消費メモリも少ない。Surface みたいのにはもってこいなんだけど有料。

 

Komodo Editは無料でC++製だが、消費メモリが起動してるだけで120MBとかでビビったw Sublime Textは50MBくらい。他にも色々試したけど、どれもしっくりこないんだよな。やっぱり 有料でも Sublime Text か?

 

<追記>

Kali Linux でもアンインストールと思い dpkg -r したんだが、Resources にファイルがあるとかで完全に消せなかった。試しに再度インストールして、ディレクトリーのパーミッション777 に変えてアンインストールしたら、エラーが無く削除できた。しかし、コマンドからAtomと打つと起動しちゃう・・・、これはあり得ぬ現象だろw 最先端と言うのは構わんが、Win版にしろLinux版にしろ、OSのデザインを無視した動きは許されるのか?

面倒だが、検索して関係ファイルを消していくしかないのかな?にしても、酷い仕様だな。二度と使う事はないだろう。

Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です