サーバーの引っ越しを行う

Share on FacebookTweet about this on TwitterPin on PinterestShare on LinkedInShare on Google+Share on RedditShare on TumblrEmail this to someone

長年愛用してきたさくらインターネットだが、アメリカに長く住む事になりそうなので、アメリカにサーバーがあった方が、支払の問題や、速度の問題も気にならなくなるので、引っ越しする事にした。

ネット先進国なので、こちらの方が色々都合が良い。日本でのネットの強みは、光回線が各家庭まで行き届いてるくらいだったような気がする。でも、ユーザーもサーバー環境もサービスもアメリカの方が断然進んでいる事を実感している。こんな所までネットが行き届いてるの?なんて事は日常的である。

さて、引っ越し先選定に当たって色々調べるも、過去の経験も踏まえると、月$10位で、容量無制限、ドメイン無制限というのがお得な感じ。もちろん、理想のレンタルサーバーなど存在しないので、どこに重みを置くかで変わってくると思う。

 

上記の条件で候補に挙がったのは、BluehostHostgatorSite5。どのレビューを見ても良い点も悪い点もあるようだ。Bluehost と Hostgator はEIG に買収されてからサービスが悪くなったという話も多々見かける。EIG は他にも多くのレンタルサーバーを傘下に収めてる模様。だからと言ってダメなのかといえば、そうでもないような印象。同じ傘下でもサービス内容も異なるし。MS がやり玉にあがるのと同じように、寡占を好まない人が居るのも事実。

仮に EIG を避けたい場合、現在の選択肢としては、 Site5、SiteGround、Namecheap がある模様。といっても買収も時間の問題ではないかと思うのだが・・・。

そして絞り込んだのが、Hostgator と Site5。最終的には、Site5 の各ドメイン毎に cPanel を設けられる点が気に入った。今すぐ必要はないので、それがついてない安いサービスにしたが、必要ならアップグレードが直ぐできるようなので、ひとまず Site5 で行こうかと思う。Blog だけなら容量無制限など必要ないのだが、個人プロジェクトで大量にデータをCronで保存する必要が出てきたので、容量無制限は外せない。MySql も無制限DBとなっている。義理の父も個人プロジェクトでデータを蓄積してるので、同じサーバーをシェアしようかと思う。

今回の WordPress の引っ越しには、Duplicator というプラグインを使ってみた。これだと、ローカルで作った環境もすぐにサーバーに移行できるっぽいな。しかし、さくらインターネット でバックアップは作れたが、Install.php がダウンロードできずw

これではインストールできないので、Site5 で空の WordPress を作って、バックアップファイルを作って、install.php を入手して、中にファイル名が指定してある所を書き換えてインストール。

一応、コピー成功した。上記が原因かわからないが、Suffusion の設定が残ってないようで、表示が一部おかしかったので、ちょこちょこ修正して完了。

肝心の速度だが、こちらからアクセスする分には、体感でかなり速度が上がった。日本からのアクセスは不明w Web Page Test で試すと、日本からのアクセスはちと遅いようだ。どれくらい性格なのかは不明なんだけど。
今回はついでに、写真の圧縮も行った。オンライン版は20ファイルが上限だったりするので、Caesium (セシウム) というFreeなソフトを利用。圧縮率はオンラインの方が少し高かったが、こちらでも写真全体で4割近く減らす事ができた。写真の表示速度は以前より速くなってるはず。

因みに、Site5 は、支払方法が PayPal可 なので、日本からでも借りられると思う。速度が気になる場合、このサイトの表示速度を計測すれば良いかと思う。

Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です