Wrodpressでバイリンガルなサイトを作る

Share on FacebookTweet about this on TwitterPin on PinterestShare on LinkedInShare on Google+Share on RedditShare on TumblrEmail this to someone

WordPressのプラグインを色々調べて試したが、英語版のページはWordpressを異なったディレクトリーにインストールして、DNSと.htaccessで振り分ける方法が、ブログとしての用途にあってると判断した。

この方がデータを個別に持つ事ができるので、古いデータを汚さずに済む。汚さずにというのは、先日試したプラグインは、タグを勝手に埋め込み、アンインストールしてもタグは残るといった事があったので。マルチサイトもマルチサイトを戻すときにデータベースをいじる手間が面倒だった記憶があるので無しにした。

 

写真などはどうやって共有するかは問題の一つだが、相互に使うのであれば、日本語記事を書いてから、ソースを英語版にコピペして、翻訳する事になるので、それでいいかと思う。念の為に調べたら、Network Shared Media というプラグインが解決してくれる・・・と思ったがMultisite用のプラグインだったので、このサイトには使えないので、ソースコピペがベストかもしれない。

追記: メディアファイルの問題は、WP Original Media Path で解決できた。このプラグインを英語サイトに入れて以下の様にすると、Uploadsは日本語サイトの方を使うようになる。しかし、英語サイトから上げた写真は、日本語サイトのライブラリーから見えないので、アイキャッチ写真(Featured Picture)の様に、メディアライブラリーを開いて写真指定するような場合には使えない。アイキャッチに関しては、External Thumbnail で賄える。他でも問題出てきそうだな・・・

追記:  結局、画像の保存先でまたも問題発生。WPのアルバムをコピペしても写真が表示されない。当然なのだが・・・。色々と面倒になってきたので、シンプルに、英語は英語サイトのUploads、日本語は日本語サイトのUploadsを使い、まずは日本語の記事を書く、そして英語にする。写真はそのまま使いまわす。FeaturedPicture は External Thumbnail を使う、という手順を取る事にした。もちろんWPのアルバム機能は使わない。必要であれば、両方に写真UPすれば良い。重複しても容量無制限だから問題ないだろう。

 

折角の良い機会なのでテーマとプラグインの入れ替えなどを行ってみた。これまではSuffusionを使ってたが丸い縁取りが飽きてきたので、Parabola というプラグインにしてみた。ParabolaにしたらSEO機能が全くなくなったので、Yoast SEO というプラグインを入れてみた。これを入れたら、Google Sitemap Generator と干渉するという事なので、Google Sitemap Generatorを削除した。入れ替わりが想定よりも増えてしまったw

今時のテーマもプラグイン同様に、商業利用を想定した感じになってるのが多くて、個人として使うのが難しいものが多い。Parabolaを入れるも、メインとも言えるような機能は非表示にしてしまっている有様だw

 

日本語ページも、英語ページも、ひとまず同じような体裁で、どちらも動くところまで出来たので、一旦様子見とすることにした。細かい所は追々やるので良しとしよう。

 

因みに、今回の行った方法は以下のような感じ。

  1. WordPress を異なったディレクトリーにインストールする。
  2. ドメインレコードにサブドメインを以下の内容で追加する。これはドメイン登録会社とウェブホスティング会社が異なる場合は、ドメイン登録会社で行う。

     
  3.  ルート (/public_html/) にある .htaccess ファイルを以下の様に変更。(これが正しい記述かは不明)

    localhostで試したい場合は、hosts ファイルに以下を追加する。

 

追記:

というか、YoastSEOってくそ重くないか?急にサイトが重くなった気がしたので、有効時と、無効時での速度を測ってみたら、速度がかなり遅くなってる。ページの少ないサイトには良いのかもしれないな。今回は削除して、Google Sitemap Generatorを復活させよう。

計測は WebPageTest.org にて

YeastSEO-OFF

YoastSEO OFF

YeastSEO ON

YoastSEO ON

Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です