Cubaseショートカットキーのステッカー

Share on FacebookTweet about this on TwitterPin on PinterestShare on LinkedInShare on Google+Share on RedditShare on TumblrEmail this to someone

仕事も英語100%の環境なったので、Cubaseを8.5にアップグレードし、音楽活動再開!

ということで、キーボードに貼るCubaseのショートカットキーのステッカーを購入することにした。ここ4年程、Cubaseを使う時間が作れず、ショートカットを忘れてしまっているのもあるが、これはあると便利。

日本に居たときにはFILCOに貼って使ってたのだが、そのキーボードはPCと、EVENTのスピーカーと共に叔父に無期限の貸し出し中。

そんなわけで、再度購入しようかと調べてみたら、Editors Keysというブランドは、ステッカーでなく、ショートカットキーボードのブランドに変わっていた。1個1.3万くらいのキーボード。その値段なら、FILCO並みのキーボードクオリティーを望むのだが、そんな事にはならないだろうなと。

現在は、似たようなステッカーが数社から発売されているので、ステッカーだけ買って好きなキーボードにつければ良いだろうと思う。今のキーボードは、TOEFL用(USで受ける場合は、英語キーボードでテストする事になる)に買った$8くらいのMicrosoftキーボード。Fキーが小さすぎてステッカーが貼れない様な気がする。折角なので、こちらも買い替えて、久々のメカニカル(茶軸)を導入。

アメリカでは、FILCOは日本価格の1.5倍くらいする(日本から輸入されてるっぽい)ので、アメリカのDASというメーカーにした。軸の色が選べて、結構評判のいいメーカー。価格は日本価格のFILCOと似たようなもん。

そんな時に、無刻印の文字なしキーボードがeBayでほぼ新品なのが安く売られてたので購入。値下げされる事のないキーボードなので、これは即買い。販売主は、間違えて無刻印を買ってしまった模様。ちょうど、無刻印欲しかったのだ。

ラッキーと思ったのも束の間。eBayの支払いが今使ってない銀行と結びついてて、金額足りないけど支払っときました機能が発動。安く買った分をその手数料として銀行に取られてしまうというw ありがた迷惑なこの機能、なんとかならんのかね。

20151218_231254606_iOS 20151218_231237956_iOS

ステッカーは白黒のを選択。あの水色とか黄色が安っぽく見えて好きではなかったし、色分けの意味も良くわからないw 色があって助かった記憶もない。

20151219_005510494_iOS

ひとまず、これで間に合うだろう。CC121とかあれば最高なのだけどなー。

Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です