アメリカで新車を購入

Share on FacebookTweet about this on TwitterPin on PinterestShare on LinkedInShare on Google+Share on RedditShare on TumblrEmail this to someone

ミシガンに転職の際、車が無かったので、前の会社からKBBの価格で売ってもらった2007年カローラ。距離数は、136,000マイル(218,000km)となり、もういい加減良いだろうと。日本で乗ってる分にはカローラでも間に合うんだが、こちらの移動は高速が基本なので、カローラみたいな安い車だとうるさく音楽も聞けたもんじゃない。

 

毎週のようにハイキングも行くし、時々轍の深い駐車場とか、路肩もあり、車高高い車無いかなーと物色していた。そんな条件で探すとSUVしかないのだが、大きい車は基本的に好きじゃない。てか、必要性がわからないw

そんなわけで、コンパクトSUVにたどり着いた。しかし、SUVとか言っても、街乗りしか想定してないような物も多く、しまいには四駆ですら無いし、四駆でもデフ効かないとかいうのがふつうのようで・・・なんだかなーと。

そんな条件を盛り込んで行くと、Subaru XV Crosstrek しか残らないw Subaruは昔から好きなブランドだし、水平対向エンジンにも興味があったので購入する事にした。

 

アメリカでの新車は、日本のようにオプション選んで作って行く過程が無く、そのお店(またが系列店)にある車を買う事になる。もちろん要らないオプションもくっついてくる事になるw。こちらの希望は、パドルシフト、荷受けのバンパー上につけるガード、泥除けだけだったんだが、荷物エリアのカバー、フロアマット、機能ついてるミラーがくっついて来た。どうしてもいやなら、数か月待ちだがカスタマイズした注文もできるらしい。

ローンは銀行、クレジットカード会社、ディーラーなどがあるが、ディーラーのが一番安く、1.5%程度。しかし、これは3年(36回)払いの場合で、5年とかにすると、2%を超えるようだ。頭金(Down payment)はあっても無くてもOK。ローンを組む際には、クレジットヒストリーが高くないとダメだと思うが、私も妻も800近かったので、問題なかったようだ。ただし、私はアメリカに合法的に滞在してる証明書と、SSN カードのコピーを追加で要求された。

 

サイトなどで調べると、何件かのディーラーに問い合わせて価格を比較しろってあったのだが、Subaruはこの辺には2件しかなく、見た感じ共通在庫っぽいので、この方法は使わなかった。

 

さて、カローラを念のために下取り見積もりして貰ったら、なんと$200!色々と修理がかかるようだ。ブレーキシリンダーの交換が必要なのは分かってたが、そこまで引くいかー。KBBによると、状態良くて$4500、悪くて$2500といって所なので、$3000近くても売れると思ったのでCraigslistに出すことにした。しかし、20万キロ走った車なんて日本なら廃車だと思うんだが、さすがアメリカ、高い値段で取引されるとは・・・。中古相場が高いというのもあり、今回は新車にしたんだが。因みにカローラとは$2800でおさらばできた。2年乗って$3500値下がりだから、あまり割良くないけど、ミシガンで融雪剤の塩にやられ、錆さびだったし、ブレーキシリンダーの交換、もしくは他のブレーキ回りの修理があるかも?って感じなので打倒な値段だとは思う。

 

さて、購入手続きを済ませると、こちらは急いでないんだけど、ディーラーが急いでバルティモアから運んでくれ、翌々日には引き渡しとなった。

しかーし、この週はこの辺では珍しい程の大雪で、新車が早々に埋もれてしまったw

20160124_133102094_iOS 20160124_133123568_iOS 20160124_153244947_iOS 20160124_202509435_iOS

Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です