Tern Verge N8 を買ってみる

Share on FacebookTweet about this on TwitterPin on PinterestShare on LinkedInShare on Google+Share on RedditShare on TumblrEmail this to someone

写真が大分溜まってるので、なんか売れるものはないかと昔の写真を見てたら、自転車で出かけて色々撮っていた事を思い出した。

2011年にTokyo Bike を見て、欲しいなーと思って中古で3万で買ったのだった。ロードやる人では無いので、結果的にも東京バイクが丁度良かった。

渡米後、交通手段として自転車が必要になり、安いママチャリも売ってないし、軽い自転車の乗り心地も良かった思い出もあり、FELT Brougham 3-speed を購入。しかし、イリノイに引越してからめっきり出番がなくなり、バージニアに引越す際に、荷物になるため売却したのだった。

それから2年程は自転車は持ってなかったんだが、天気良いと乗りたくなるし、車で行くには不便な所ってのもあるし、歩いてぐるぐる回って1日かけるなら、自転車で行ってたサクッと撮影して帰るってな事もできるなーと。
そんな感じで、チャリを物色を始めたが、チャリ置き場所は大雨で浸水したり、湿気多くてカビが酷いので、部屋に置ける折り畳みチャリとなった。

折り畳みと言えばBrompton。だけと、妻も乗りたいようなので、ブロンプトン2台だと中古車買えちゃうんだよね(笑) なので、2台$1000位なら、なんとか軽くて乗り心地も良いがあるんじゃないかと。とはいえ、この辺はニューヨークのような大都会でもないので、折り畳みチャリは、DAHONTern、ブロンプトンが主流。大抵の店はなぜかTern。調べた結果、Tern c7、ちょっと無理してDAHON MU D8かなーと。

 

しかし、全部置いてる店も少なく、隣町のリカベントと折り畳みチャリ専門店へ行ってみた。残念ながら、Link C7は畳み加減とかが良くないようで、余り売れないから置かなくなったようだ。TernはVergeシリーズがあったので、N8を試す事に。DAHONは MU D8、そして、念の為にブロンプトンを試し乗り。

 

Ternのヒンジは丸くて大きくて扱いやすい。MU D8のフロントブレーキがなんかTernよりもカタカタする。シャフトの前にあるか、後ろにあるかの違いしかないんだが…その影響かな?MU D8の変速機はハンドルを捻るタイプで、Verge N8は人差し指と親指。Verge N8の方が好みだな。乗り心地は違うのか?駐車場をグルグル回っただけては分からない違いかな。

最後にブロ。3速はやはり少ない。家のそばはゆるく長い坂なので楽ではないだろう。コンパクトさは流石。しかし、タイヤが小さいかな。慣れなんだろうけど、普通の自転車からは、かなりかけ離れた乗り心地。DAHON、Ternの20インチはかなり普通の自転車に近い。いや近くはないけど、ブロと比べると近い。残る問題は値段だよなー。老猫が居るので旅行に行く事も無いし、DCの地下鉄はバックに詰めなくても電車に持ち込めるし、家にもなんとか置き場所は確保できるだろうしって事で、ブロになる事はなかった。次回だな。

 

さて、MU D8とVerge N8の2択。いずれにしても予算オーバーなので色々悩む。Linkを他店で買う?しかし、他店ではC7は置いてなくてC8になる上に中途半端に高い。しかも、ここの信用できる従業員が良く無いって言ってたものに高めの金を払うのか?
てな事で、妻と意見も一致したVerge N8にする事に。決めては扱いやすい所。乗り心地も良いし。小さいお店なので1台しかなく、折角なので新品を2台お取り寄せ。そして、5%割引してくれた。いいお店だ。

店主はモールトンの自転車から自転車屋を始めたらしい。そんな店主なので、ブロの代理店で、リカベント、トライクル?も多くあるんだろうな。

 

追記:
今更、気が付いたのだが、どうもUSと日本ではライナップが違うようだ。このVerge N8、日本ではカラバリありなのだが、USはこの黒+緑のみ。友達に同じ色を2台にしたんですねー言われて、あれ?と思った次第。Link c7はUSにはあるが、日本には無いようだ。

日本のAround-Town

アメリカのArount-Town

Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です