アメリカで転職活動をしてみる。

Share on FacebookTweet about this on TwitterPin on PinterestShare on LinkedInShare on Google+Share on RedditShare on TumblrEmail this to someone

現在の会社に入社して、そろそろ2年。会社が小さいせいか、集まってくるITエンジニアのスキルが高くなく、何かを学ぶというよりも、反面教師的な事しかなく。自分よりも上のポジションで入ってきたのに、なぜか私が教える側だったりと、どうもなーという状況。こんな状況がほぼ1年続いてるので、もういいかなーという感じ。

 

こちらでの転職活動は、IT系なので、エージェント会社が利用できる。それと並行して、MonsterやIndeedといった求人検索+履歴書登録サイトで自力で探す、会社からTELかかってくるのを待つという方法になる。

ちゃんとしたエージェント会社の場合は、担当エージェントと面接をして、提携会社などにポジションがあれば、そこを紹介するという形のようだ。先日、エージェント会社からTELがあり、早速担当の人と話をしてきたが、チームでサポートって事らしく、合計5人と入れ替わりで話をさせられた。しかしながら、数週間経った今でも、なんの仕事の紹介も無いw

 

求人検索で見つけた会社に、履歴書を送ってみたら、即日電話があり、開発担当と電話で話をして欲しいという事で、後日電話面談を。そこで、PHPの課題を出されたのだが、APIを使ったクラスと、その過程をビデオで録画してYoutubeかどっかにUPしてくれという2つの課題。早速やったんだが、APIの接続先の説明がなく、時間も作れないので、期日まで終わらず。というのも、現在の会社で2プロジェクトに参加してて、毎週交互にデモとAgileスプリントプランニングがあり、同僚のバックエンド開発スピードが遅いもんで、1日でフロントエンドを仕上げ、デモしないといけないという状況になってて、課題をやってる時間がなかった。その事実は理由にも出来ないので、ひとまずやった所までビデオを撮って送ってみたが、完全に終わってないんじゃ受け付けられない、時間延長するかと聞かれたが、もう時間を使いたい気もなくなり、そんな会社とも合うとも思えないので、こちらからお断りをした。レビューが良い会社だったんだけど、勤務先も遠くなるし、AngularJSよりもPHPの仕事になるので、それもなーと。今は、フルスタックのフロントエンドをやりたいので、そっちに絞りこんで行こうかと思う。

 

明日は、他のエージェント会社の人とSkype面談するので、その状況をみつつ、自分でも応募し続けてみようかと思う。

Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です