15年ぶりにギターを所有

Share on FacebookTweet about this on TwitterPin on PinterestShare on LinkedInShare on Google+Share on RedditShare on TumblrEmail this to someone

といっても、弾いてない期間は20年近くなるのかな?最後の方は手元にあったけど、何もしてなかったし。

なんとなく中古ギターを見てたら、WashburnのN1(Extreamのヌーノ・ヴェッテンコート モデル)が$70とかで売られてて、なんだそれは?と驚いて調べてみたら、元々は$150位らしいが、意外に使えるギターらしい。Youtubeでレビュー見たが、バンドする訳でもないし、これでいいかなーって感じ、しかも$70。自分が中学生の頃じゃ考えられないな。

 

て事で、掲載者に連絡しようかと思ったら連絡先が無い。Craigslistは、通常は上に返信ボタンがあって、無い場合は本文にTELがあるんだが、そのどちらも無い。Craigslist経由で連絡先が無いですよの通知ができたので、試したが、更新されず。翌週、掲載が更新されてが、やはり連絡先が無い(笑)。値下げしたとか書いてるけど、人気ないからだと思ってるのかな?皆、買いたくても買えないだけなんじゃないかと・・・。

 

さて、どうしたものかと・・・このWashburn N1は大量に出回っておらず、$100以上する。出しても$70だなーって事で、他のギターを調べてみるも、どれも似たような値段。ギターセンターで良いのを見つけたので、店間移動しようかと思ったら、家に配達するのと同じ送料がかかるようでw

ふと、VarageSaleとLetgoというCraigslist代替を思い出し探してたら、なんとFender の安いバージョンの Squier のストラトが$45という破格値で出てきた。連絡したらFirst come, First serveって事で、急いで行ってみたら、小さい傷と、ネックに小さいへこみがある程度、特に問題ないので、$45を支払って頂いてきた。

 

早速、弦を外して掃除。ピックアップが錆びてるので、後で取ろう。それ以外は錆びもなく、状態は良いんじゃないだろうか。シールドケーブルが無いので、音なるか分からないんだけど、ギターなんてシンプルだから、自分で治せるだろう。後日知ったんだが、この安いFender、Squier には、Delux、Standard、Affinity、Bulletという順で値段が変わるようで、このギターてっきり、新品でも$150くらいのかと思ってたら、ヘッドにちゃんとStandardって書いてるね。新品だと$250位か。それなら全然問題ないと思うな。中学生の時に買ったギターはFender Japanで3.3万だった。3万出さないとまともなの買えないって言われてた時代。ちゃんと弾けるギターが中古で$45で買える時があるんだから、良い時代だよなー。

シールドケーブル、ピックと弦の到着待ちなので、直ぐには弾けない。触った感じだと、指が全然昔のように動かない(笑) MIDI鍵盤入力の方が楽だったりして。

 

<追記>
シールドケーブルが到着。どのピックアップも問題ない事を確認したので、弦を張って確認。ジャリジャリノイズもないし、全く問題ない。弾き心地は記憶してる7万のギターよりは劣るような気もするが、ネックの形がU型だからってだけなじゃないかな?それよりも、左手と右手の連携が全く合わず(笑) 20年近く弾いてないとこうなるのかと。

CubaseにつないでAmpシミュレーターを試したがなかな使える。ギターアンプ無くても間に合うというか、元々その為に買ったわけではないんだが。ひとまず、Cubaseに録音して、VariaudioでMidiに変換し、ソフトシンセを鳴らすってのが目的で、そこまで確認できたので一先ず終了。あとは、過去に作りかけの曲をループさせながら、ベースライン弾いたり、メロディー弾いてMidiに変換してみようかと思う。

Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です