Instacart を試してみる。

Amazon Freshのサービスに疑問が出てきたので、早速 Instacart を試してみた。

 

月額費用を払わなくても、特定のカテゴリーの商品をある程度買うと送料が無料となるようだ。今回はパイントのアイスクリームを3個買ったら配送無料になった。ある程度商品を足していくとカートからそのページにアクセスできる。地域によってExpress会員でないとカートに商品を入れられないようなので、無料お試し期間を使って試してみると良いだろう。

 

Instacart の流れ

注文を受けてから、Shopper と呼ばれる人が選ばれ(選ばれる方法は調べてない)、その人がスーパーへ行き、品物を買って、家まで運んでくれる。

 

購入状況の通知

注文を受け付けましたのメール後、以下のようなタイミングで、アプリの通知かメールが届く。

  • Shopper はこの人です。2時間程で終わります。
  • Shopperが購入終わりました。
  • Shopperが家の前につきました。
  • 最終的なレシート

 

Shopperはどこで買うのか?

Instacartでは、地域毎に決まったスーパーがあるようで、このJersey Cityエリア(Journal Squareかな?)では、ACME (商品はSafeway)、Key Fresh & Natural、CVS、BJ’s Wholesale Club から選べる。無料会員の場合は、それぞれの店毎に送料を払う必要があり、送料は時間帯によって変わるので注意が必要。Express会員の場合は、全部の店でまとめた合計額が送料無料の対象になる。

今回は、Safewayの商品があって馴染みがある商品が買えるので、ACMEから18商品ほど購入。スーパーのバッグで5個くらいだったかな。

対応スーパーはこちらでZipコードを入れて確認できる。

https://www.instacart.com/grocery-delivery

 

Express 会員

会費は、新規会員の初年度は、$99/年。次の年から$149/年。月払いを選ぶと、$14.99/月となる。

Express会員でも、$35以上買わないと、送料無料にならない。送料を払う場合は、時間帯によって変わるので注意が必要。

 

代替品の選択

カートの決済時に、もし商品がなかったら・・・というページで、代替品をそれぞれ選ぶ事ができる。これは良いサービス。Amazon Fresh はキャベツの代わりに、無料で紫キャベツを送って来た。丸々1個の紫キャベツは、どうやって消費しら良いんだ?ってな時が数回連続であり。暫くキャベツを買うのを止めていたw

 

その他の料金

Amazon Fresh同様にTipを払う機能がある。Instacartは初期値で5%だが、変更可能。Shopperの時給は、最高で$25/hらしいが、大抵は$10/h らしいので、Tipは重要かな。ガソリン代も自腹だろう。

そして、Instacart の維持費として、Service Feeというのが5%かかる。

これ以外の費用は掛からないようだ。

 

試した感想

Amazon Fresh で不満だった点はほぼ解消。残念ながら今住んでる地域では、Whole Foodsが対象になってないのは残念な所だが、馴染みのあるSafewayの商品がACME(どこにあるんだろ?)経由で買えるのは良いかな。

Shopperが購入と配達を行うので、保冷剤などは一切無く、キッチンが10本以上の解凍待ちのペットボトルで埋まる事も無いのは良い。そして、顔写真付きなので、余程の事がない限りガサツには扱わないだろうと思われる。Uber みたいな感じ。

会費が気になる所だが、Amazon Fresh でも$14/月払ってたのでこれは良いだろう。アパート隣接の駐車場に+$200/月 出して駐車場を変えて、自分で買い物に行くよりは遥かに安い。にしても、アメリカの大都会って生活するのに不便だな。東京なら大体駅毎にスーパー付いてくるから楽だったんだけど。

という事で、Amazon Freshは辞めて、Instacart に乗換えと行きたいが、折角なので、他のサービスも試してみたい。でも、この辺りで他に利用できるのはPeapodくらいだったような?

Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です