結局そうかよ

 あのシーンにmetaball(MarchingCubes)を使いたいと思い。ソースを見ていたのだが・・・わからん!って、Ver2.0で使ってたジャンって突っ込み入りそうですが、本当に使ってただけで、理解して無い(W。いいんですー、玉がくっついたり、離れたりしたかっただけだから、映像メイン!と言ってるのもここら辺で解って貰えるのではないかと思う。で、今回はMarchingCubesを玉同士でなく、板と玉でやりたいのだから、Marching Cubes Algorithm なんてサイトを読み始めたわけ、いつかはやるんだろうとは思ってたけど・・・必要が出てきたら覚える。これがVIEPのスタンスです。でも、日本語で解説してるサイトないのかねー。英語の勉強になるからいいかーと思いつつ、技術英語のみが見についていく・・・Isosurfaceなんて何時つかうっちゅーねん。そんな単語が普段の生活で出てきたら、それこそオタクですわな(Wその行進している立方体達の算法おしまい。

ブックマーク パーマリンク.

コメントは受け付けていません。