贈り物

 今日、友人から素敵なプレゼントを頂いた。それは、以前日記にも書いたアノThe Load of The Rings のAudio Bookなのだ。Xmasプレゼントとの事で頂いた。で、その人が米へ帰省するとの事で、是非買って来てと頼んでいた次第であります。で、私にはXmasプレゼントはしてなかったので・・・・以下省略。友人はクリスチャンなのでプレゼントする事は習慣であるようだ。Xmasプレゼントって、あんまり貰った記憶がない。両親はファミコンを買い与えないような大人だから(貧乏だったのか?)、プレゼントでどうでも良い物を与えたりはしなかったのです。どうでも良い物といっても、今思えばの話で、当時、友達が貰った物が、最新型のおもちゃだと聞いて、凄くうらやましく思ったりしたものだ。が、今にしてみれば、まー貰っても貰わなくても良かったな。と思う。ファミコンも同様で、在っても無くても良かったなと思う。当時のファミコン所持率:同級生の約95%。そんなプレゼント人生の中で最も嬉しく、且つ有用で価値在るプレゼントと相成りました。ありがとう!!これでヒアリングの勉強が楽しくできそう!。
 話は気持ち戻って、俺の家って貧乏だったのだろうか・・・お金の工面を色々してた記憶はあるが、プレゼントが買えない程困っていたのか?もしそうなら、プレゼントくれーと駄々をこねていた俺ってば・・・。今思うと、申し訳ない事をしたのかもしれない。お金が在って何でも買い与える事が良いのか、お金が無くてあまり与えられないのが良いのか、全く解らない。いずれにしろ、大人がどうでも良いと思う物は与えなくても可。なぜなら、子供も何時かは大人になるし、親の血筋引いてるから、価値観もそう大差ないだろう。

Bookmark the permalink.

Comments are closed.