確定申告も終わり

気持ち的に余裕が出たし、Mixingの本も1冊読み終え、曲作りでの効果も出てきたので、プログラムを再開した。グラニュラーシンセシスGranular Synthesis)を実装できたら面白いなーなんて思っていたが、ちょっと時間とスキル的に難しい。またスタジオでも使用されてるような、シーケンスソフトをいじってて思ったのは、操作性、精度、可能性に置いて根本的に違う。音作りのイロハを知れば知るほど、今までの自分の考えが甘い事が判った。普通に売られているCDの質は非常に高かったのだ。軽いしTrackerで良いよと思っていたが、売られている曲の質まで作り込むのは非常に困難だと思う。Trackerはイメージを形にする道具としては良いのだが、音の配置、バランス、レベル取り、音の変化、絡み具合、分離具合を行うには非常に難しく、そしてMasteringは無理に近い。BuzzならVST/VSTiがあるのでいけるかも?でも、Track毎に波形を並べ、オートメーションを描ける機能が非常に欲しい。要は普通にCubase、Logicとか使った方が楽なのだ。で、自分の作品にシンセや、Trackerモドキを実装しても、売り物の質まで作りこめるソフトを作るのは無理に等しい。しかし、既に
Native Instruments Reaktor
Native Instruments Absynth
ReasonのMalstrom
などで実存してるので、その音が欲しければ、ソフトシンセを買えば済んでしまう。益々コーディングするメリットは興味本位以外みあたらないw。でも作りたい、でも作品も完成させたい、そして時間が作れない・・・という無限Loopに陥り、時間だけが過ぎていってはいけないので、とりあえず作品位は継続して作るようにしないとな。

Bookmark the permalink.

Comments are closed.