ソフトシンセいっとくか?

グラニュラー・シンセシスを作ってみたくなった。調べれば調べるほど面白そうな予感。とりあえず鳴る程度の所まで作って、出来ればMegaDemoに突っ込んで、さらに出来ればVSTi化して、自分で使いたいなーと。といっても既に製品として売られてるのでやはりメリットは少ない、興味本位が主な理由。ちなみに出回っているグラニュラー系(何も無い所から生成するシンセシスと、音楽データなどを利用するサンプリングの2種類ある。追記:ディレイラインというエフェクターも1種類として数えるようだ)は以下。
Chaosynth
Crusher-X
Granulab
Metasynth
GRAINZ
で、プログラムに使えそうな資料としてRoss Bencinaさん のサイトにPDFとサンプルプログラム(ソース付き)がある。ちなみにJavaで作られたオンライン・グラニュラーもあったりした。このサイトの jMusic granulator をClick。今回の計画としては、サンプルデータ無しでいけるシンセシスを実装してみようかと思う。サイズによってはMegaDemoに組み込めるかもしれない。Reaktor、Absynthから察するに、キック、ハット系、パッドなど一通り作れそうなので、このシンセ一本で曲を完成させる事もできるかも。音楽データはMidiなどを利用すればデータサイズも小さいので問題無いと思う、構想の段階ではw。Midiも色々な信号があるので実装するにはかなり面倒だと思う。PortAudioとかPortMusicとかで楽にいけるかも。しかしRossさんのサンプルEXEのサイズは400KBなので、基本部分だけ残しても64Kデモには詰め込めない気もするが・・・。画像も音も全部実行時に生成さして、EXE一個に仕上げる事だけでも十分かもしれない。んーそれにしても挫折しそうな予感がw
その他のグラニュラー関連(随時更新)
the Granular Synthesis Resource Web Site

Bookmark the permalink.

Comments are closed.