使用頻度の高い物へと優先してみる

2年程愛用してたSTAX SRS-2020を手放すことにした。理由は
・使用頻度の低下
・ヘッドフォンの使用目的が変化
・曲作りではSONY MDR-7506でも十分間に合う
売れたお金を元手に、PCパーツ(CPU、メモリ、マザボ)を買おうかと思う。PCは作曲以外でもいけるし、毎日使うのだから、資産の有効活用ができるだろう。たとえオーディオ機器よりも、激しく価値が下がるモノだとしてもだ。
そこで、狙うパーツの条件は
・後々価格が下がるQuad CPUが乗るソケットAM2+のマザボ
・VISTAでのDAWが現実になり、4GBオーバーを狙えるように、2G×2枚のDual Channel
・今のCPU(Athlon64 x2 3800+)よりも、出来れば周波数が↑
という具合で、目ぼしいパーツ達はこれ
・MEM: CFD W2U800CQ-2GLZJ
・CPU: Athlon64 x2 4800+
・マザボ: GA-MA770-DS3
マザボは、FireWireのチップがTI製で更に良し。合計3万ちょい。CPUもメモリ、現環境よりUpするので、ソフトシンセ一本多く動かせそうな予感。
追:
どうもXPはメモリを4GB積んでも、3.5とか3.75GBしか認識できないようで。4GB認識できるのは64Bit版XPらしい。64Bit版ドライバも各社から出てるのでテストしてみよう。あー上手くいったら2GB×4枚ってのもアリだな。

Bookmark the permalink.

Comments are closed.