Steinberg CC121

 ということで、YAMAHAに株を保有された影響か、ステキなギアがSteinbergから出た。名前はCC121、価格は49800円くらい。
 Cubase/Nuendoのミキサーにきれいに対応してるので、操作性も良さそう。Youtubeで動画見てると、トラック選択すれば、フェーダー含むすべてが、そのトラック用に切り替わる。フェーダーの下側にある、<>なボタンでトラックも移動できるようだ。いいじゃないか。
 現在は、FW-1884+FE-8を使っててかなり便利なんだけど、流石に3rdパーティなので、Cubase専用には作られておらず、ツマミの配置に無理が出たり、使われないボタンが多かったり、場所を取ったりと、デメリットも多い。そこに「Cubase専用」なんてのが出たら、そら快適過ぎでしょ。
 これをきっかけにPCI系の内臓オーティオI/Fに戻すのもいいかなと。元々外付けの機器(USB、FireWire)が好きじゃないのもあるが、いちいち電源入れたりする手間が面倒だし、入れる順番悪いと認識しないとか、再起動の時はI/Fの電源落としてとか、MIDIコンは後じゃないとたまに調子悪いとか、会社(機種)によって不安定加減も違ったりと・・・面倒すぎ。PCIならそんな手間もほぼないわけです。CC121買って、PCIのデジタルOut付きにして、机をスッキリさせるってのも良いなぁ?。
Amazon.co.jp:
USBコントローラー CC121 \ 44,820
Soundhouse:
Steinberg CC121 \ 44,500

ブックマーク パーマリンク.

コメントは受け付けていません。