Steinberg CC121が届いた。

本日CC121が届いた。店頭で見たとおり、ずっしり重い。体裁もよく、アルミのケースで、ボタンもゴムでなく、フェーダーもFW-1884と同じっぽく(ALPS社?)、スムーズな動き。本体の裏みたら、Made in Japanでした。今時珍しいw。この高めの値段は、材料費もさることながら、人件費なのは間違いない。でも、出来いいっす。
で、折角なので、ビデオでレビューでもと思い。Youtubeに動画をアップ。画面とCC121とマウスを綺麗に入れるのは難しい。操作方法はまだ覚えとらんけど、普通にいじれるあたりが、流石Cubase(Nuendo)専用、ステキ過ぎる。

新・旧ベッドルームスタジオの写真を比較。自分的にはかなりスッキリした。とりあえず、デジタルな時代にあった作曲環境かなと。これで無限大のトラックを扱える。MIDIコンでの操作が16Trでは足りなくなってたから、丁度良いタイミングだった。

旧ベッドルーム スタジオ新ベッドルーム スタジオ

Midiコンのまとめとして・・・個人的な思いも込みでメモ
割り高という気もするが
UC-33e
フェーダーがオートでない+スムーズとは言い難い。2.4万くらい
US-2400
オートフェーダーだけど値段が高いし、24Track分しかない。20万くらい(生産完了品)
FW-1884
オートフェーダーだけど、オーディオI/Fがついてくる。FE-8とセットで安い時は10万くらい
Mackie Control Universal Pro
コントロールのみで、オートフェーダー、Track増設可。メイン部15万、8フェーダーのは10万、32ローターのは15万。
その他にも色々あるが、鍵盤が付いてくる、フェーダーが短い、オートフェーダーでない。キー割り振れるけど、並びが不自然になってしまう。キーが割り振りきれないなど。トータル的に考えると、”専用”のメリットがかなり大きいと思える。にしてもCC121の価格は、他製品をみて空いてるゾーンに設定したんじゃないかと・・・まさかねw。
Amazon.co.jp:
USBコントローラー CC121 \ 44,820
Soundhouse:
Steinberg CC121 \ 44,500

ブックマーク パーマリンク.

コメントは受け付けていません。