新曲: flickering moon

今回はかなりゆる?い曲。何度も寝そうになりながら作ってみた。個人的には良い出来だと思う(出来立てはいつもそう思うw)。むしろこういうジャンルの方が合ってるんじゃないかと・・・。といってもそれはそれでヤリガイを求めると、苦手なジャンルに挑む方が正しそうな気もする。

今回はプチマスタリング方法を変更。いつもはLimitterでちょっと持ち上げて終わりなのだが、今回はエンジニアのチュートリアルのExample1に沿ってやってみた。この方がまとまりよく持ち上がる感じがするし、色付けの工程も入れられるので、更に自分好みに出来そう。Limitterのみのと聴き比べると、若干メリハリのある感じに仕上がっていた。スタジオだと、ハッキリ違いが判るんじゃないかと思う。
(Mixing後は24bit、-10dbにして吐き出す)
1. Limiter
ところどころ飛び出た部分があれば、これで切り落とす。attackは早め、Releaseは超早く。2?3dbかせぐ。
2. Compressor
目標は2dbかせぐ。Attack Releaseは曲に合わせる。ゲインのかせぎすぎは禁物、やさしくかせぐ。
3. Equalizer
Mixingのミスを補修し、高音に空気感を入れる。
4. Compressor
全体をまとめる。1.5db以上はかせがない。Attackは早く、Releaseは遅く
5. Multi band compressor
必要ならば使うが、個人的には使わないらしい。(今回は自分も使ってない。)
6. Limiter
音を割らずに、最大限のVolumeにするのが目標だが、やさしく上げることを忘れないように。
7. Dithering
24bit → 16bit に綺麗に変換
詳細は以下で
Audio Production World

ブックマーク パーマリンク.

コメントは受け付けていません。