Cubase 5 (C5)到着

 本日C5到着(昨日受け取り損ねたw)。とりあえず到着までの過程をメモ。
1月31日: JRRShop.comにて申し込み($199 + $41.06 + 後日税として1k円)
1月31日?2月10日: 初回購入の為、住所確認を行う
2月10日: CVVコードをメールで連絡(日本人スタッフによるメール+英語のも来る)。
2月11日: FedExが荷物を回収 (13日着予定)
2月12日: CA(カリフォルニア)のFedExを出発
2月13日: 成田着
2月13日: 不在通知着
13日は日本時間の13日だったのね、てっきりUS時間かと思った。そして、決済も早々に終わっており、22,089円($1≒92円)。AudioMidiでは10日頃からUpgrade版がIn Stockになってたので、そっちの方が早かったか?。でも、FedExの方が、UPSより安いし配送時間が短い気がする。
 とりあえずWindows Vista 64bit+C5+CC121の動作チェックに取り掛かかる。前回インストしてあったHDDをCにして、C5をインスト、そして起動・・・・CC121のランプが点滅から、点灯になって、見事起動!。ドライバを手動で更新して、VISTAに認識させたりしたので、どうなるかと思ったが、よかった。ということで、もろもろのソフトを入れて普段の環境を構築。これで64Bit環境で作業ができそう。
 しかし、Automap3+C5 64bitで問題発生、Automap3+C5 32bitは一応OKとしておこう。C5 64Bitは、ソフトシンセ(Automap)を起動すると、シンセのパネルが表示できない。なんとも残念な・・・。次回のバージョンを待つとしよう。
 更に、C5 64Bitでは、Battery3を認識できない。(Automap)化すると認識するんだが、↑のようにパネルが表示できないので意味なしw。 C5にも、Automap3にも問題はありそうな気がする。次のリビジョンまで、C5 32Bit+Vista 64bitで間に合わせるか。

Steinberg Cubase 5 upgrade
Steinberg Cubase 5 upgrade

OS入れなおして、cc121のExtensionでちょっとひっかかったので追記
Win32→C5 X86で必要
Win64→C5 X64で必要

ブックマーク パーマリンク.

コメントは受け付けていません。