こんな状況で持ち合いされたら

問>
 気になっていたA社、B社があります。A社は既に投資済みで、今後B社にも投資しようか考えていました。先日の新聞で互いに持ち合いをしていた事が報道されていました。自分は、よほど素晴らしい理由がない限り、持ち合いは認めないので、株を持っていた場合は売却する方針です。
答>
1. B社は成長する企業で、株価も上がると思っていたので、自分の代わりにしてくれたので良かった。で、A社を持ち続ける。B社株の値上がり分は、A社経由で入ってくるので。
2. A、B共に成長する企業だと思うので、自分もB社を買う。共倒れの危険性もあるが、A、Bの値上がりると、自分の分+両者の分(極一部だが)の3重取り?
3. やはり持ち合いする企業は、企業としてあるべき姿ではないので、A社を売る。
4. その他(今後思いつくかもしれない選択肢)
ん?難しい。持ち合いの効果を見てから決めてもいいのかな?

Bookmark the permalink.

Comments are closed.