東京探訪 | 柴又

 レンタルE-P1を持ち出して、なんとなく気になってた柴又に行ってみたが、面白くなかった。どうも観光地は肌に合わないらしいな。
 いくつか撮り比べし、昨日の比較一覧に追加した。RICOH Caplio R6 vs. Olympus E-P1の結果
・花の写真。ボケ味はE-P1の方が遥かに綺麗だねー。
・お堂?の写真は、色は全然違う、精度はE-P1の方が良いんだろうが、それもとめると純粋な一眼には適わないので比較してもな・・・。こういう写真ならコンデジでもいいんじゃないか?
・帝釈天のお庭。これまたコンデジでもいいんじゃないか?
・龍はどちらもブレてるw 背景のボケ具合はE-P1が良い。
 プリントアウトしないを前提にしちゃえば、結局のところ風景はコンデジでも全然問題ない気がする。色の好みでメーカー決めれば良いんじゃないか?。
 E-P1使うなら、ボケを生かした絵撮ってなんぼかな?。薄暗いところでもブレにくいので、撮る枚数少なくてすむ。シャッター速度自由に変えられるので、↓な水の流れもすぐ撮れるのは便利。
水の流れ
 予想通り重さもカサも気にならない。でも一眼までは行けないな。E-P1つかってから、コンデジ持つとおもちゃみたいに軽く感じたが、その分安定させるのが難しい。ピントとかもマニュアルで変えれるんだけど、ボタン数と大きさの限りがあるので、E-P1の方が簡単に操作できる。シャッター速度にしろ絞りにしろ、いじれるポイントが多いのは、絵のイメージも増えるので良いと思う。あとは一眼使ったことないので、使いこなすまでが難しい。
 で、結論。やっぱり金額次第w。使う前となにも変わらなかったw
 ぶらぶらしてたら、もやもやさまぁ?ず2に出てきたコインランドリー発見!。似顔絵で埋め尽くされたコインランドリー。
似顔絵ランドリー

ブックマーク パーマリンク.

コメントは受け付けていません。