儒学でいうところの「学問」

 勉強とは、受験や情報収集の為の利益追求の手段で、学問とは知識を得るのは当然だが、自分自身を高めるために人徳を磨くこと。らしい・・・なるほど。
 良い大学出たのに人から認められない!と不平を言ったりすのは、自分に人徳が無い事に気づいておらず、勉強=学問と思ってるから。という事のようで。
 人徳あって慕われないという事はまず無いだろう。人徳あるのに慕われたことない。という人がいるならば、まだ足りないということ。
 先日、怒るかどうかってテーマがあったんだが、すっかり論語を生かすのを忘れていた。孔子の教え的には、どんな時でも怒るべきではないはず。いくら相手に落ち度があろうとも、自分がサポートしきれなかったって事もある。念の為にああしてれば防げた?なんて事が想像できるなら、きっと自分側の対応不足なのかも。きっと自分がもっと成長すれば解決するはず。そんなのできる人居ない・・・だったら自分がそういう人になれば良い。という感じの話になるのかなー。孔子恐るべしw
子曰く、君子は諸れを己に求む。小人は諸れを人に求む。
君子:人徳ある人
小人:反面教師的な人?
諸れ(これ):原因

Bookmark the permalink.

Comments are closed.