3Dの映画

 飛び出る映画(なんか古臭いな)を見ておこうかと思い、アバターを見に行ってみた。内容は救世主が現れてめでたしめでたし。とりあえず、CGが凄い。制作費はしらんが、相当かけた感じがする。
 3Dの感想は、動きが早いとコマ飛んでるように見える。焦点が固定されてるので、自分が見たい部分がボケてて見えない。細かい描写まで見ようとしてるのが悪いんだろうが、焦点あわせで目が疲れた。メガネかけなれてないせいか、鼻が痛くなったが、映画が長いせいもあるかも。字幕が手前にくるので吹き替えの方がより立体に見えるかも。座席も真ん中の方が遠近感が合うような気がする。
 臨場感はかなりあるんだが、非現実的なものが立体として在る(ように見える)のはどうかと思うが、劇でも映画でもない新しいコンテンツとして捕らえると先々が楽しみではある。実写ものを見てみたいが、ひょっとしたら現実と区別できなくなる人も出てくるかもしれない。

ブックマーク パーマリンク.

コメントは受け付けていません。