English Village の活用法?

3回目を終えたが、どう生かせば良いのか、まだ判らない。とりあえず、講師により内容が全然違う。ちゃんとテキストやってくれる講師も居るし、会話したがる講師も居る。
ジョークのセンスが良く判らない1名の講師を除けば2名残るので、どちらかを指名していこう。
授業の進め方として、普段の会話も良いが、それは外国人の友達でも間に合うので、学校でしかできない方法にしていかないといけない。
個人的に弱点だと感じるのは英文組み立て能力。テキストはとりあえず理解できるから解説はいらない。
なので、テキストの解説はやらずに、テキストに出てくるフレーズを使って、実際のコミュニケーション風にやりとりして、間違ってる所を修正してもらう。授業後に録音したデータで復習する。という方法はどうだろうか。
早速、次回提案してみよう。

Bookmark the permalink.

Comments are closed.