アメリカで家を買ってみる。その後

今回は、中古の家を買ったわけだが、Closing後に思った事などメモしておく。

 

Closing日

Closingは、家の名義管理会社(Title companyと言っていた)で、売主と購入者が、諸々の契約書にひたすらイニシャルとサインをするだけ。手が痛くなると言ってた人も居たが、実際にはそんなに多くは無い。今時のアパートの契約は、オンラインでサインするんだが、家の購入ではまだオンライン化してないようだ。どちらも契約なので、同じ重みだと思うんだがけど、なんでだろう?Title companyによるのかも?

 

1時間程で、Closingが終了したので、昨日に保留としておいた中古車を引き取りにディーラーへ直行。ローン作成時に、SSNとか保険のPolicy Numberとかだして終了。仮ナンバーを付けてくれるので乗って帰られる。雹にへこみがあって一般価格より$2000程安く買えた。自分で治すか、気にしないで乗り続けるかという感じ。フロントガラスにヒビが入ってたので、無料交換を約束したので、後日持ち込む事となった。この辺の習慣なのか知らないが、2年間無料オイルチェンジというのを付けてくれた。Virginia ではそんなのは無かったんだけどな。

 

引越しは翌日だったので、ひとまずアパートに帰って引越し作業を再開。

 

元オーナーの荷物がガレージにまだ残っていて、数日中に撤去する約束を取り付ける。とはいえ、持ち込む物も持ってないので、いざとなったら課金すれば良いかと(笑) 結局は、約束通り撤去してくれたんだけど。元オーナーとは良い関係を保ってるので、実際の所、色々助かる。元オーナーがカスタマイズした部分など、家に来て教えてくれたり、必要な道具を残してくれたり(彼も要らないというのもあるが)。変に几帳面な人なので、家のコンディションも良かったわけだ。

 

1週間程経って

実際に生活すると、小さい点が見えてくる。

  1. ドアの引っ掛かりが悪く、押すと開いてしまうドアが数個あるので、自分で直す。
  2. 壊れてるブラインドが1個あったので、元オーナーに言ったら買ってくれた。
  3. メインベッドルームの洗面台1個の排水管が少し水漏れしてるので、元オーナーに言ったら、彼も数回業者頼んでたようで、直ってない事にご立腹(笑) 。自分で直そう。元オーナーがパーツ代出してくれとの事。
  4. 食洗器(数年前に中古品を買ったらしい)が水漏れしだしたので、元オーナーに言ったら新しい食洗器の設置費を出してくれた。
  5. 冷蔵庫(オリジナルなので18年物)をレベル3と低くしてるのに、冷蔵室で野菜が凍ったので、買換え。
  6. 乾燥機 (こちらも18年物)は、乾燥がイマイチ。洗濯機は数年前に中古のを入れた様だが、分解しないと掃除できない場所に洗剤が大量に入り込んでるので、セットで買換え
  7. 電気グリル(こちらも18年物)は、まずオーブンが汚い。焼き切れないと思うので、こちらも買換え
  8. 家の外壁の四方にセンサーライトが設置してあり、ゴミ捨てに行くと、ショールームか?って程ライトが点くので、数減らさないといけない。多分、近所迷惑だと思うw
  9. センサーライトと共に、セキュリティーカメラが9個設置されてて、そのケーブルが部屋に来てるのでどうしたものかと。ないよりは良いけど・・・
  10. タンク式給湯器がさすがに古いので買換えが必要。日本では一般的なタンクレスが流行りのようだが、タンク式からの買い替えだと、工事費込みで$6000前後になる模様。タンク式の入れ替えであれば、$1500前後
  11. 薪ストーブがマスターベッドルームとリビングにあるもの、暖房機(Furnace)も古いので入れ替えた方が良いかなーと思ったりするも、エアコンと一部繋がってるので、通常はエアコンと一緒に入れ替えるようだ(業者曰く)。低効率の安いタイプは、設置費込みで$8000との見積もりが出てきた。多分、この会社の見積もりは高いと思う。
  12. アパート暮らしだったので、家具が無く、ソファー、コーヒーテーブル、ラグ等のリビングルーム系も必要。
  13. 脚立が無いと届かない場所も内外にあるので、キッチン用、外用に必要
  14. スプリンクラーは冬に凍結破損するので、Winterizing といってポンプで空気を送って水抜きしないといけない。業者に頼むと$50~。元オーナーがやってくれたので来年は自分でやる予定
  15. ガレージがあるので、ガレージ用に棚。日曜大工もするので、Shop Vacuum という水も吸える掃除機も買う。車を家で洗うのでその道具を買う・・・等々
  16. 自分で色々直すので、工具の追加購入

 

どれも小さい事なので、問題点という程の事では無いし、家のオーナーであれば持ってるだろう物を持ってなかったので、そういった物を揃えるだけの事でもある。

 

9月10月は家電が安い時期(翌年モデルの為に場所をあけるらしい)なので、壊れるまで使えば良いかと思ってたけど、全部買換える事になった。ブラックフライデーという手もあるが、昨年のを調べてみたが、今とあまり変わらない値引きだった。今の方が選択肢が多いし、例えば冷蔵庫とか、設置場所のサイズに強く依存するものは、特価品が自分のサイズにあうとは限らないので、30%OFF辺りであれば時期によらず買った方が良いと思う。また、Costco 近くにないんだけど、設置費無料、古い家電の撤去(Haul out)が無料なうえに、Costoの2年保証(Homedepotとかは1年)がつく。Home depot でも買える商品を、カートに入れて比較してみたら、Costcoの方が年会費払っても合計で$300程安かったので、Costcoでまとめて購入。日曜品とか、食べ物が好みじゃないので、会員は継続しないと思う。家電の保証は、退会後も有効である事は確認済み。因みに、冷蔵庫、洗濯機、乾燥機、電気グリルの4点。

 

家のローン、車のローン、給湯器、暖房機の買い替えと、数個の家電は想定してたんだけども、工事費が想定以上に高くて驚いた。タンクレス給湯器なんて、Home depot で$500位なんだけどねー。まー業者は、商品元値+工事費なので高いんだろうけど。エアコンとか自分で運べないしなー。ひとまず、急ぎではないので、見積もりを沢山取ろうと思う。

 

また、新築の欠陥住宅は、本当に買わなくて良かったなーと思う。購入候補だった家が近所なので見に行ったが、やっと壁がたった程度で、年末まで終わらすには相当手抜きしないとダメだなという感じだったし、他のエリアでも、欠陥が多いようで、買わないのは大正解だったと思う。

 

<追記>

Black Fridayの商品が出てきたので、購入した家電の価格を調べてみた。Costcoでの値段が多少上がっていたが、Lowes、Home Depotよりも確実に安かったので、やはり25% ‐ 30% OFFであれば、時期に限らず買いのようだ。

 

Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です