ヴェジタリアンになる。

この辺は、健康志向の人が多く、オーガニック系スーパーも多い。その為、ヴェジタリアンやビーガンが好んで食べる、肉代替え食品(豆とかナッツとか)も簡単に手に入る。

 

そんな環境のせいか、肉を食い続ける必要性はなんだろうか?という疑問も出てきた。ヴェジタリアンの話を聞くと、持続可能性とか、哺乳類を食べるなんてとか、人ぞれぞれの理由で食べるのを止めたようだ。

 

確かに、アジアの大陸で、犬、猫を食べるという話がでてくると、酷い、残酷とか言う人が出てくるが、じゃ、豚、牛は可愛くないから残酷にはならないのか?と。結局のところ、その個人が、牛をかわいいと思えば、それまでな訳だ。個人的には、牛や豚が遊んでる動画を見て、かわいいなと思った事があるのも事実。

 

環境も整ってるので、肉の無い生活を試してみても良いんじゃないか?って事になった。なぜかは知らないが、妻も同じような疑問を持ち始めていたらしく、早速試す事に。とはいえ、鶏がらスープや、冷凍してあった肉もあるので、ひとまず、それを食べつつ、ヴェジタリン食を調べる所から始めた。

 

調べるといっても、Youtube でヴェジタリアン、ヴィーガンのレシピみたり、ネットでレシピ調べるだけなので、普段とやってる事は変わらない。調べると、色々気にしてなかった物に遭遇する。砂糖無し、淡水化物無し、加熱無しのヴィーガンという猛者も居たが、登山する身としては、淡水化物と砂糖を抜くと何を山に持ってけるのか?という話なるのでパス。生食もまー言ってる事は判るが、そこまでしなくても良いだろうと。

 

肉を抜いて野菜ばかり食べるイメージだったんだが、当然ながらタンパク質が不足するので、ポイントは、肉を何のタンパク質に置き換えるか、という事になる。良くある、あの食べ物は高タンパク質とかいうが、量を見ると、1カップでタンパク質10gとかで、いやーあれ1カップも食えんだろうと。そういうわけで、結局はタンパク質の多い物を多数常備しておいて、少しずつ混ぜて食べる事に。因みに、以下の物を常備している。

  • キノア
  • ひよこ豆
  • レンズ豆
  • ピーナッツ(煎り、生)
  • クルミ
  • カシューナッツ
  • 松の実
  • 麻の実(Hemp hearts)
  • 亜麻の実(Flax seeds)
  • チアシード
  • かぼちゃの種
  • テンペ
  • 豆腐(High Proteinタイプ)
  • 各種の米
  • レーズン
  • ドライクランベリー
  • グリークヨーグルト (ドレッシングのベース)

上記の物を、サラダを作ったら入れて、スープ作ったら入れて・・・という感じで、味が合いそう、またが気にならない物を色々と入れて食べる。後は普通の野菜であるパプリカ、ズッキーニ、人参、玉ねぎ、アボカド、トマト・・・など。最近、牛乳代替え品(タンパク質は多くない)も豊富あるので、カシューミルク、ライスミルク、オーツミルク、豆乳などを牛乳と混ぜて使用。

ヴィーガンレシピも良く使うが、それに卵を入れたり、チーズを入れたりする。ヴィーガンレシピは結構おいしそうな物が多いので良い。アメリカはナッツ類が安いせいか、ナッツ多く取っても食費も依然と大差なし。フルーツも安いので、サラダ作ったら入れる。

 

 

数か月経ってみて、特に困る事も無く、何回か肉出たので食べた時もあるが、肉の歯ごたえがもう好きでは無い、なんか自分の腕かじってる感じがする(笑)。そして、特にうめーと思う事も無くなってしまった(笑)。コリコリ、カリカリ、シャキシャキしてるものばかり食べてるからかな。

 

この辺のレストランはヴェジタリアン食が必ずある。種類が少ないので、どれにしようか迷う事も減り、楽といえば楽。魚は特に辞めてはないんだが、おいしい魚がサーモンくらいしか買えないので、家ではまず食べない。

 

料理のスタイルが変わるので、変化を楽しんでる感もあるし、今まで見向きもしなかった食材や、食べた事ない食材を食べる機会にはなっている。食材の幅も広がったから、食べてる種類も依然より増えている。肉食に戻ったとしても、今の経験はかなり活かせるだろうな。あ、あと料理が楽でいい。豆は電気圧力鍋だし、肉みたいに火加減とかタイミングなんて気にしなくて良い。野菜もナッツは基本、生で食える。

Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です