バンドソーをポチる

日曜大工で作る物リストを作成して、買うvs自作の比較を行う。大抵買った方が安いんだけど、サイズが合わないとか、余計な部分あるとかで、調べる時間が合ったら作った方が楽しめるし、気楽じゃないか?という事になった。リストにあるものはあった方が良いけど、無くても何とかなるという物ばかりだし。

 

そんな訳で、テーブルソーを買おうかと思うも、指切断という話をちょいちょい耳にするので、Sawstop 以外の選択肢は無い。高いんだけど、指切断してエマージェンシー行って手術となると、150万位は普通にかかるらしいので、値ごろなテーブルソーとの差額は保険代と考え、10年以上使えるので、年間1万以下の保険代となる。指を接合できたとしても大抵ねじれた指になるし、仕事にも支障が出るので、Sawstop の価格は高いとは一概には言えない。家族の心配も減る。

 

いざ購入と思うも、安全に使うために有った方が良い関連道具を購入すると、更に支出が増えるわけで、なかなか踏み切れない。で、ふと思うと、Plywood(ベニヤ合板?)を真っすぐ、垂直に切りたい、木を細く切りたいといった用途からテーブルソーになった訳だが、日本のタンス職人のビデオを見てたら、Plywood使わなかったらテーブルソーで無くても良いのかも?と思えてきた。Plywood手軽だけど安いわけでも無いので、これはあり得るかも。どう入手したのかは不明だが、そのタンス職人は薄い板を持っている。それをつなげて大きい板を作ってるので、Plywoodは必要ない訳だ。時間はかかるだろうけど、自分のリストに急ぎ物は無いし、カンナ等の基本的な道具もある。という事で、スキルの話は別として、どうやって薄い板を手に入れるかというのが唯一の問題。

 

店で買える板は通常3/4インチで、薄いのは材質によってあったりなかったりするので、自分で薄く切った方が安いし早い。となると、バンドソーでも間に合うんじゃないか?という事になった。色々、硬い木だけで作った家具とかの作り方を調べると、テーブルソーを使ってはいるが、バンドソーとカンナでもなんとかなりそうな気がしてきた。あまりにもカンナが大変なら、Planer(電動カンナ?)を買えば厚さも均一にできるし、トータルでもまだ Sawstop の半額。プロの人達は全部持ってるんけど、時間短縮だろうし、他に気を回したいというのもあるだろう。その点こっちは趣味で、急ぎでも無く、そもそも何年使う家具なのか?って話もある。

 

そして、来年産まれる予定の子供に、木製おもちゃを作るという事もできる。数年後に結局テーブルソーを購入って可能性もあるが、ひとまずなんか始められるバンドソーから始める事にした。という事で、自作リストの物は、Plywood を極力使わないという方向でデザインしていこうかと思う。

 

しかし、種類も値段も色々で困る(笑)10インチか14インチか?最大に切れる高さは幾つか?パワーは?と色々比較点が上がってくる。

調べてると、Grizzly G-0555シリーズが上がってきた、サマーセールで$30引き、ブレードも細いのまで対応。初期の切れる高さは6インチ、ライザーブロックという下駄を買うと、12インチまで切れるという話で、トータルで$700。14インチまで切れるタイプは$1000前後なので、まー安いかと思ってカート入れてみたら、送料の他に、重い商品なのでトラックから地面に降ろす手数料がかかって、$200加算され、合計$900となった。ん、これは微妙。そして更に調べてたら、一番細い刃では調整が上手く出来ないとか、ライザーブロック使うと真っすぐ切れなくなるとか小さい欠点がちょいちょい出てきた。ますます微妙

でも、他のは$1000だしなーなんて思ってたら、Rockler というお店でRikon 10-342TGという14インチモデルが$100引き。Grizzlyで経験済みなので、決済手前まで進めて総額を確認すると、Grizzlyのより$160高いだけとなった。Grizzlyは送料がえらい高いから、商品価値はRikonの方が良いわけだ。結局数日悩んだ末に、Rikon をポチる事にした。店頭に取りに行くと送料無しなのだが、在庫なし、店頭入荷は未定(中国製品は基本的にどっかで遅れてる模様、トランプのせいな)なので、通販となった。

最終的な決め手は、妥協する点が多いわりには、$160しか節約できないという事。10年20年使う物なので、制限は少ない方が買換えも防げるはず。いずれのマシンも細い刃がダメなので、必要なら、スクロールソー(電動糸鋸?)を中古で買えば良いだろうし、どこまでRikonのでできるか試してみない事には判らない。ひとまず、薄い板は作れるので、後は作りつつ見ていくしかない。

 

ブックマーク パーマリンク.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です