日本の恒例行事はどうするか

他子供が2か国語話せるように、父母が、それぞれ母国語で話かけるのが良い。という事を色々な方から聞くので、私が日本語担当、妻が英語担当する事にした。

 

昨年末に、NetflixでBabyという、子供の発育を科学的に調査した番組があり、その中に会話能力の回があった。バイリンガルや、ヨーロッパの複数国の国境近くに住むマルチリンガルの家庭などが調査の対象となっていた。父と母で違う言語を教える事で、子供にスイッチが備わるようで、父と話す時は自然に日本語で、母と話す時は英語でなるらしい。複数言語話せる母親は、鼻を触ったら、言語を切り替えるというのを刷り込んだ様で、自然と子供が言語を切り替えて居た。

また、言語は教えるだけで無く、その言語の環境や文化に触れる事も重要だと話てて、複数国の国境近くに住んでるような場合は、それぞれの環境や文化に触れる機会が多いので、言語発育に良く影響するらしい。

 

という事で、日本語の環境を考えると、この辺には日本人が殆ど居ないので、他の日本人に出会う機会も無い。日本の文化も同然触れる機会も無い訳だ。そこで責めて日本の恒例行事くらいは家でやろうと思うも、一人暮らしで恒例行事など興味無く、スーパーに行ったらそれに因んだ商品が出てきて、そんな時期かーなんていう生活だったので、あの行事はいつかと考えると、かなりぼんやりしてる。当然、こちらのスーパーでひな祭りや豆まきなど売ってる事も無い訳で。Googleカレンダーで日本の行事でもインポートしないといけない状況だ。

日本人も少なからず居るので、コロナが終わったら率先して、交流して、子供に日本語環境と文化に触れさせる機会は設けたり、夏休みは長めに日本滞在させたりとかしたいと思う。

 

とはいえ、ヒスパニックの人から良く聞く話なんだが、例え両親がスペイン語で話し続けても、子供が中学生位になると、学校や友達と英語ばかり話してるので、英語で話そうとするらしい。なので、幼少に日本語が話せるようになったとしても、中学くらいからは微妙な感じになるかもしれない。英語で話かけてきたら無視する程度の事はしないとダメなのかも?最低でも、家族と日本語で話が出来るという程度はめざしたいと思う。

ブックマーク パーマリンク.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です