Paul Sellersの砂箱を作る

Paul Sellersのサイトを見てたら砂箱があったので、子供に丁度良いかも?って事で作ってみる事にした。

 

まずは角材を揃える所から。

ハンドル部分は、2×6を積み上げて作る。

外枠完成

脚も完成

脚の補強材を付ける

カンナの削りカスはこんな感じ。結構な重労働

 

底板を作る

早速、イギリスから買ったマルチプレーンの活躍

格子の蓋が結構な手間だった(笑) 同じパーツをひたすら整形っていう。蓋を開いた所と閉じた所。

ベンチ作った時のペンキが残ってたので白で塗る。しかしだ、ベンチよりも表面積多いので、残りだけでは足らず、買い足すという失態(笑)

そしてペンキの厚みを計算してなかったので、蓋がちょっときつくなった。

 

一か月程かかったが、子供も喜んでいるし、プラスチックのより良い。ベンチの前に置いたので、座りながら子供を見られるので重宝している。

ポール・セラーズのデザインは良くできているし、作り方ビデオが分かりやすいし、そして家具作りの基本を学べるし、本当にいい教材だと思う。やっぱ機械からハンドツールに乗り換えて良かったなーと思う。

ブックマーク パーマリンク.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。