アメリカで日本語の絵本を買う

子供に日本が話せる程度にはなって欲しいなーと思っているので、日本語の本を読み聞かせしてるんだが、英語の本の方が多いので、なんとか日本語の本も集めないとーという状況。多ければ良いって事でもないが、時期によって好き嫌いや、飽きがあるようで・・・。種類を揃えておかないと、英語の本ばかりになってしまう。

 

紀伊国屋で買えるんだが、倍値なので買う気が起こらない(笑)。という事でeBayで中古をまとめ売りされてるのを買う事にしている。送料込みで20冊$40とかで買える。しかしだ、人気のある本は重複してたりするので、既に何冊か重複している。リビングと子供部屋の両方に置くって事でも良いんだが。

 

日本の古典もあった方が良いかなーと思ってたんだが、今読むと内容が微妙過ぎる。舌切り雀とか、スズメの舌切るって、今の時代じゃ(笑)。人魚姫は挿絵が裸の女性の絵ばっかで、おっさんの好みで描いた?って感じだし。ヘンゼルとグレーテルは、親が食わせる物が無いから、子供達を森に捨ててこようって話で、これ子供に読み聞かせるの?って感じ。結局絵本が現代のが良いのかな?と思う事も多々。

 

現代のアメリカの状況からすると、男だから、女だからっていう性差別はダメだし、人種差別もダメだし、暴力もダメ。アンパンマンなんか、バイキンマンが子供を驚かしただけで、パンチ(暴力)されてる内容だし。幼児用に話を短くしてるのかもしれないが、アンパーンチは時代的に無理かな。

 

そんな訳で、日本の環境をなんとか用意して、慣れ親しんで欲しいのだが、そう簡単ではない。

 

ブックマーク パーマリンク.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。